ベトサーチ・コラム「ベトナムってどんな国?」  

 あなたは「ベトナム」って聞くと、どんなイメージが思い浮かびますか?

 

 40代以上の方であれば戦争・枯葉剤・難民といった暗いイメージを持つ方もおられるかもしれません。 最近では、来日する技術研修生や留学生が増加しており、日本に住んでいるベトナム人の若い人たちをイメージする人もいます。

 十数年ほど前から、フォーや生春巻きといったベトナム料理の人気も高まり、ベトナムは今や人気のある海外旅行先となっています。 伝統衣装のアオザイ、バッチャン焼きなどのベトナム雑貨も、特に女性の間で人気があります。

 ベトナムに来られた事がある方ならご存知かもしれませんが、過去の戦争の暗い歴史とは裏腹に、人々の活気に溢れており、街も賑やかで、意外にもエネルギッシュな国です。「中毒性のある魅力がある国」としても有名で、何度も旅行に訪れる日本人も少なくありません。

 しかし、急速な経済発展を遂げている事から、ビジネスチャンスとしてベトナムに注目が集まっています。 201710月時点の日系のベトナム進出企業は1816社にのぼり、その数は増加傾向にあります。(外務省領事局政策課発表の海外進出日系企業実態調査による)

 なぜ、ベトナムがそこまで注目されているのでしょうか? また、ベトナムってどんな国なのでしょうか? このベトサーチコラムでは、ベトナム在住日本人のわたしが感じる、ベトナムの今について解説してゆきます。

 

 次のページでは「大量のバイクー交通事情から見えるベトナムの実態」という国について解説致します。

 

 

ベトナムでのローカルビジネスにご関心、またはベトナム人集客にお困りですか? どうぞ、VietSearchへご相談ください

 



  ライター紹介: 

中川真一(なかがわ しんいち)

VietSearchinc マネージャー

1980年岡山生まれ。 学生時代は東京・千葉で過ごし、社会人になってからは兵庫を拠点とする。有名ホテルで勤務した後、生命保険やその他の業態で営業担当として働く。その傍ら、ECサイトの運営も行いオンラインビジネスを経験。

ボランティア活動を通して知り合ったベトナム人の影響で、15年程前よりベトナム語を学び始め、今ではベトナム語でのコミュニケーションが可能になった。2015年より語学留学の為ベトナムへ渡り、その後ベトナムのローカル企業に勤務、現在ではVietSearchでマネージャーとして、主にマーケティングの面で日系企業のサポートを行う。

特技:歌・ピアノ かつて学習したボーカルの特技を生かし、ベトナム語のカラオケ動画をFacebookで配信した所、今では5000人近いフォロワーを持つ。(ほとんどがベトナム人)

ベトナムマーケティング徒然草はじめました!

皆さん、はじめまして。VietSearchの中川と申します。

普段は、ベトナムのホーチミンにある「VietSearch」という会社で「日本にいて、これから進出を考えている日本企業様」「ベトナムに進出済みだけど、マーケティング戦略に困っている日系企業様」向けに、マーケティング全般のサービスを提供させていただいております。

具体的には・・・

● ベトナムで自社のサービスや商品が受け入れられるのか事前調査したい

● ベトナムで売るためにどんな秘策があるのか知りたい

● プロモーション用動画を制作したい

● FacebookやYouTubeなどSNSの運用をしたい

● 宣伝の為にインフルエンサー(拡散力のある人物)を活用したい

そのようなニーズにお答えするサービスです。

 

市場を知り尽くしているローカルの企業と共に、ベトナムで売れるアイディアやお手伝いを致しますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

VietSearchのホームページはこちらから 

https://vietsearch.net