ベトナム 富裕層 マーケティング

この連載記事では、ベトナム人富裕層の中にもいくつかの種類に分類されるという事を説明しました。

① 政府高官・軍関係者・高い立場の人。

② 大企業の会社役員

③ 自分のビジネスを成功させている人

④ 不動産収入で稼いでいる人

⑤ 海外にいる親族などからの仕送りで潤っている人

⑥ その他

この記事では、②の大企業の会社役員 について解説し、どのように彼らをターゲットに出来るのかについて説明します。


ベトナム大企業の役員たちとはどんな人?

前の記事で説明したように、ベトナムは社会主義国で、国営企業が多く、この大企業の役員たちも基本的には政府関連と繋がっている場合が多いです。なので、基本的な部分は前の記事で扱った内容が当てはまる場合も多いです。

しかし、企業役員の場合はビジネス面での知識が必要なため、高学歴で知性的な人が多いのが特徴です。英語などでコミュニケーションを取れる人がほとんどで、外資系企業との接し方に慣れています。

このタイプを集客するメリット

お金にはかなり余裕のある人が多く、ステータスを重んじる傾向があります。そこで、海外の高級ブランドや輸入品を好んで使用する人が多くいます。よって嗜好も研ぎ澄まされており、本当に良い商品かどうかを見分ける能力があります。高価な商品であっても、好きになってもらえればリピートしてもらえる可能性があります。

ターゲットにする方法

このタイプの人たちは、多くの情報に通じています。そこで、新聞やニュースサイト、オンラインサイトなどを見る事が多いので、そのような媒体を通じて広告を出す事も効果的です。

しかし、こちらのタイプもやはり個と個との繋がりが重要視されます。富裕層の集まる倶楽部などもあるので、そういった場所でコネを作るのもよい方法です。 もしくは、富裕層が好んで購入するようなサービス・ブランドなどとコラボレーションして、マーケティングを広げるのも良い方法です。

デメリット

彼らの消費傾向を刺激するためには、やはりステータス欲を満たしてあげなければなりません。値段が高ければ良いかというとそうでもなく、ベトナム人への魅せ方などを抑えていなければなりません。特にデザインなど魅せられるポイントは、日本人とベトナム人では大きく異なります。それで、やはりビジネスを始める前に自社商品やサービスがベトナム人にどう受け止めらるのか、調査しておく事は非常に重要です。

あと、英語やフランス語などが堪能な彼らにとって、ヨーロッパ・ブランドなど西洋の物を好んで購入する傾向があります。もちろん、日本の製品やブランドに対しても好意を持つ人はいますが、ヨーロッパには劣ると思います。

まとめ

大企業の役員クラスの富裕層には、ブランド力と彼らのステータスを満たせる魅せ方が重要です。著名人を招待するパーティーなどを開催するなどして、自社サービスの価値を高めるなどの努力が必要になります。

次回の記事では、起業して富裕層になった人たちについて解説します。

ベトナム リサーチ 市場調査 VietSearch
ベトナムの市場調査やマーケティングはVietSearchへお任せください。